岡山県倉敷市水島地区での学びを通してESDを提供する仕組みを「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」は検討しています。

ピックアップみずしま

第1回「みずしま財団」

水島地域の学びの資源や、トピックスなどをみずしま財団研究員の独自の視点でお届けする「ピックアップみずしま」。

第1回目は、事務局の自己紹介も兼ねて、「みずしま財団」です。

「みずしま財団」事務所

倉敷公害訴訟の和解(1996年)を受けて、2000年の3月に設立されました。

子や孫によりよい生活環境を手渡したいとする公害患者らの願いに応えるために、また新しい環境文化を創生しまちの活性化に貢献するために、そして二度と公害をおこさないために、住民を主体に行政・企業など、水島地域の様々な関係者と専門家が協働する拠点となるべく活動しています。

また、近年では、視察研修の受け入れや環境学習を通じたまちづくりを目指した活動にも力を入れており、本協議会の事務局も担っています。

財団事務所には、環境に関する資料をそろえており、閲覧や貸し出しもしておりますので、興味のある方は是非お気軽にお立ち寄りください。


↑ PAGE TOP